アイフルの利用についてご紹介

8月 1st, 2013

私の友人にアイフルを利用してキャッシングをした人がいます。キャッシングしたお金は大学の学費に充てたそうです。もともと家庭の収入が低く、学費も免除申請をしていたらしいのですが、その申請が却下されたとのことでした。そのため、アイフルの利用に至ったということです。

彼女は成績も優秀で、他人からの信頼もあります。しかしながら、今年の家族の収入が以前より少し高かったために申請が許可されなかったようです。私の知る限り、友人は決して贅沢な生活をしているわけではありません。また、アルバイト等もして生活の足しにしています。

しかし、アルバイトだけでは生活費と学費を補うことはできないため、キャッシングの利用を決意したと言っていました。彼女は大学を卒業してやりたいことがあると良く言っていたので、どうしても大学は卒業したいとのことでした。確かに、彼女ほどの人であればどこへ行っても大丈夫だと思います。やりたいことがあるのであればそれに向かって進むことが一番だと思いました。

それでもキャッシングには不安があったと彼女は言っていました。返済のことがあるので、ためらいが残ったと言っていました。それでも、アイフルに行って説明を聞くと、丁寧な説明だったことと自分の疑問を解決できたことで、不安が少し和らいだと言っていました。

これからは返済の生活も始まるそうです。それでも彼女は弱音を吐くことはありませんでした。常に前を向いているような人なので、彼女らしいとも思いました。しかし、大変な生活が待っていることは間違いないと思いますので、これから頑張って欲しいと思います。

アイフルを利用したことについては感謝しているようです。これが無ければ、大学を辞めないといけないと言っていたので、彼女の一番やりたいことが続けられることが一番良かったと思います。彼女のようにキャッシングを自分のために、これからの将来のために利用できる人は素晴らしいと思いました。返済まで時間はかかると思いますが、頑張ってほしいと思います。

銀行系の消費者金融をお探しならアコムがオススメです。アコムなら融資速度も早いですし銀行の後ろ盾があるので安心して利用する事が出来ますよ。

 

アイフルと株価

5月 25th, 2013

アベノミクスと呼ばれる安倍政権下の金融政策は、一言でいうと金融緩和なのですが、これは国際や中央銀行に絡む問題です。

 

消費者金融の動向に限っていうと、2010年に制定された改正貸金業法ではグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利を取る事が禁じられ、借りての側には総量規制制限が敷かれる事によって、消費者金融の利用者側は守られる形になっていました。

しかし、アベノミクスの金融緩和策には、このグレーゾーン金利の撤廃と総量規制の廃止も射程に入っています。これは間接的にでも消費者金融業界が潤う事を意味していますし、それに連動して消費者金融関連株が、軒並み上昇しています。

これらは株をやる人にとっては大問題かもしれませんが、一借りてとしてはあんまり関係のない事かも知れません。トレーディングの材料としてアイフルをみている層はあまり消費者金融の利用とは関係ない層のように思えますし、株化が上昇しても借りてには特にメリットといったメリットはありません。

例外は一株株主のようなかたちで、借入を行ってなおかつアイフルの総会に出るような方だけだと思います。問題は改正貸金業法によって定められたラインが揺るぐ事のほうで、まだ3年足らずにも関わらず早急に規制撤廃というのは、いくらなんでも早すぎる気がします。

消費者金融を利用する人の中には、全くといっていい程この業界の決まりごとに対して疎いかリテラシーがなく、ただ個人の必要から借財をして、また借入れ、という事を繰り返す方もいます。

改正貸金業法は一応、そういった方々が借入過多で「首が回らなく」ならないよう、しっかりとしたガイドラインを作ってくれいていた存在と言えなくもないのです。株価の上昇はあくまでもギャンブル的な要素をもつ市場で起きている事であり、かたや貸金業法はお金を借りる事についてのガイドラインだという考え方を心がけたいものです。そうでなくても、不況下で判断が鈍ってしまう事はあり得ます。

総量規制対象外のカードローンは銀行カードローンです。銀行から借りるには消費者金融より高いハードルの審査がありますが、そこまで差はあるのでしょうか?詳しくはこちら⇒starshine-galaxy.com